​ありのままの山本とも子情報を配信します。

新豊崎中学校で生徒(2年生)と地域の方を交えての防災訓練

新豊崎中学校で2年生の生徒と地域の方を交えての防災訓練に参加させていただきました。

今回の訓練では、災害が発生し新豊崎中学校が避難場所になった際、避難所開設のため、各教室をどう活用するか協議・検討されました。

「対策本部」「ベビールーム」「配給場所」など緊急時に必要な機能を、最適な場所に設置するため、生徒の皆さんが意見を交えながら、真剣に取り組まれていました。

防災訓練を通し、地域・学校との連携も学ぶ中で、参加された方の防災知識の向上はもちろん、今後、地域防災を担ってくれる人材へと成長し、地域の中で世代を超えた防災の協力体制が築かれていることを実感しました。

私、山本とも子は防災教育の実践を通じて自助・共助の助け合いの絆を強め、持続可能な街づくり「災害に強い安心・安全な北区!」にするため、防災・減災への取り組みを一層進めてまいります。