​ありのままの山本とも子情報を配信します。

2/3街頭演説(ヨドバシカメラ前)

2/3ヨドバシカメラ前で、街頭演説をさせていただきました。朝早く寒い中、たくさんの方にお集まりいただき、大変にありがとうございました。

北側副代表は「現場の声を政策にし、粘り強く実行していくネットワークにある。その要が地方議員である」と公明党の持ち味を訴えられました。

地方議員が地域に密着して「現場の声」を聞き、国会議員や他の自治体の地方議員と連携して政治に反映させるという、他党にはない議員のネットワーク力が公明党です!


例を挙げると、福祉が立ち遅れていた1960~70年代の日本にあって、現場の声を聞いた地方議員が国会議員との連携で、子育て中の保護者に手当を支給する「児童手当」の実現したのも、公明党です!

私、山本とも子も、さまざまな方の声をカタチにしてきました。なかでも、障害をお持ちのから寄せられた『うめきた地下道の階段手すりが太く、雨の日も滑りやすく危険』との声に、すぐさま国会議員と連携し、バリアフリー基準に適した手すりに交換することができました!

小さな声にも、耳を傾けるとともに、安心・安全な環境づくりに全力で取り組んでまいります!